コロナが憎い

新型コロナに感染して亡くなられた方、重症化して苦しんでいる方、失職された方、廃業された方など全世界で恐怖と不安に包まれているこの世の中。         

ワクチンの接種が進んで大半の人が抗体を持つことが出来れば終息するのでしょうか?感染力の高いデルタ株・ラムダ株という新型のウイルスも報告されているようですが、ワクチンを接種している方が感染しているという報告も出ています。まだまだ、他人事のように思っている方々が多いのではないでしょうか。

自動車の運転も自分がミスをしても相手が回避してくれるだろう、歩行者は渡らないだろうと自分に都合よく考えて運転しているような方もよく見かけます。 安全運転意識欠如の表れではないかと思います。県下でも毎日20件前後の交通事故が発生しています。事故を起こしてからでは手遅れになり、取り返しのつかない事態になることを考えて運転して欲しいものです。

新型コロナに感染することも、交通事故を起こすことも自分の行動一つで、ある程度防止できるものではないでしょうか。新型コロナに関しては目に見えないところがあって人口の多い地域では難しく、注意していても感染してしまうケースも多いようです。まだまだ、コロナウイルスとの戦いは続きそうですが、自分の行動一つでコロナに打ち勝つという前向きな気持ちや相手を思いやる気持ちを持って以前の生活に戻れるようになりたいものです。 

仕事で八代より問い合わせがあり、八代ゆめタウンより八代海を背景に八代大橋を撮って見ました。

夜間教習

利用者からの要望で仕事帰りにヨガ教室に通いたいということで、その近くの桜町ビル前の駐車場に行きました。練習の成果あって、そこの駐車場では見事に一回で駐車出来ました。

目の前の桜町ビルは、照明の演出もあってかオシャレで都会的な感じに見えました。秋の夜長、夜間ドライブもいいものですよ。

さわやかな秋の海

車を運転するには最高の季節ではないでしょうか。昨日、教習で熊本市内から海の見える宇土市住吉まで行ってきました。
その時間は、残念ながら干潮で遠くに目を向けないと海水を見ることが出来ませんでした。しかし、貝堀をしている人の姿が目に入ってきました。以前、子供たちを連れて貝堀に行ったことを思い出し、ほっこりとした気分になりました。

車間距離がまだまだ近い

新型コロナウイルスによる非常事態宣言が発令されている現在、国民の意識も危

機感を持っているようです。うがい手洗いは勿論のことマスク、人と人の間隔を

とるなどいろんな対策をしていますが、車の運転においても交通事故防止対策と

して車間距離を多めにとることが必要だと思います。

この車の車間距離はどうでしょうか?もちろん近すぎです。走行中の車間距離は

車の速度によっても違いますが、その速度から15という数字を引いたメートル

以上の車間距離が必要と言われています。例えば30キロメートルのスピードであ

れば30-15=15メートル 40-15=25メートル 50-15=35

メートル以上となります。ちなみに高速道路ではその時の速度と同じ車間距離が

必要となります。まだまだ車間距離が近いドライバーを見かけます。もしも前の

車が急に止まったらすぐに停止できますか。人も車も適切な間隔をとって安全~

安心な運転を心がけましょう。

せっかくの行楽シーズン

 コロナウイルスが猛威を奮って感染者数が日々増え続けています。

何でもそうですが、他人事だと思はないでいつ自分も感染するかかもしれないと

思って、普段から外出先から帰ったらならう外手洗いを行っています。

 本来ならば、みんなで桜の花を見ながら弁当を食べたり、おしゃべりを楽しみたいものです。

 しかし、これだけコロナウイルスの感染者が増えると花見どころではありませ

んね。何でも自粛ということで街は人が少なく感じられます。逆に車の数は多く

場所によっては渋滞しているところも見かけます。公共交通機関はどこの誰とも

わからない人でいっぱいなので不安に感じられます。

今、車を運転出来ない方からの問い合わせが多いのはコロナウイルスの影響もあ

ってか、せっかく持っている免許を活用したいと思って自分でどこにでも移動で

きるようになりたいということからのようです。気候も良く年度が替わり沈み込

んでいる気持ちを払拭するにはいい時期かもしれませんね。

このページの先頭へ